信じられないほどですが、真実です。信号連立は燃焼機関に固執しています!

アウディのe-ディーゼルの製造には、さまざまな化学反応プロセスが必要です。

ほとんどすべてのメディアは、信号連立で一般的な速度制限があってはならないというセンセーショナルな発表に焦点を当てていますが、本当のセンセーションを見落としています。 内燃機関に終わりはないはずです!!

どうやら、合意のテキストに隠されたこの本当の感覚に実際に気づいた人は誰もいなかったようです。 技術への開放性を支持して常に発言してきたFDPのボスであるクリスティアン・リンドナーに押されて、この文は、燃焼機関が永遠に承認され続けるだろうと述べています、 合成燃料で動く限りn。「電気自動車のリード市場」などについてのうわさ話の周り。電気の旋風は、ディーゼルまたはガソリンエンジンとしての内燃エンジンが動作し続けることが許可されているという事実から気をそらすことになっています。 よかったです!

アウディがすでに明らかにしているように、ディーゼルは今後も「e-ディーゼル」で重要な役割を果たし続けるでしょう。 XNUMX年代にすべての製造業者によって発表または決定されたバーナーの死は、真剣に受け止められるべきではありません。 彼らは皆合成燃料に取り組んでいるからです。 「もしあったとしても、大きな変更なしに内燃エンジンを販売し続けることができるかもしれません。 合成燃料でしか運転で​​きないことを除けば」とアウディの開発部門から聞いています。 それで、バーナーの禁止は、熱気、コップ一杯の水の嵐に他なりませんか?

信号機の交渉担当者の論文では、文字通り次のように述べています。 「EU委員会の提案によると、これは運輸部門では2035年までにCOのみであることを意味します。2-中立車両は許可されています-これはドイツで早期に発効します。 フリート制限値の既存のシステムの外で、私たちはそれが検証可能であることを保証することを約束します 再登録できるのは、e-fuelで燃料を補給できる車両のみです。。 ドイツを電気自動車の主要市場にし、充電ステーションのインフラストラクチャの拡張を大幅に加速させたいと考えています。 一般的な速度制限はありません。」

ドイツが他の国よりも早くCO2中立車に切り替える必要がある理由は、ドイツが最大の自動車産業の本拠地であるという事実によってかなり薄く正当化されます。 フランス、ポーランド、その他の国々も自動車を生産しているという事実は無視されています。 ドイツはモデルの少年であるはずであり、模範を示す義務があります、とグリーンズは言います。

2コメント 「信じられないが真実:信号連立は燃焼機関に固執している!」

  1. ロルフ・フランツ・ニーボーグ | 17。 10月2021 16へ:59 | 返信

    この決定またはFDPの方向性は、FDPが驚くほど持続可能であることを明確にしています...

  2. はい、一見それは希望を与えます。

    しかし、ほとんどすべての燃焼プロジェクトはすでに地元産業によって中止されています。 サプライヤーは、注文がないか破産したために能力をクリアします。
    新たな電力不足が予想外の洞察を生み出し、実際にバーナーに燃焼エンジンを長期間許容させた場合、それらはドイツで生産されません。 高い賃金コストと政治やメディアによって広められた自動車に対する敵意を考慮して、ドイツのどのメーカーも燃焼エンジンの生産能力を再び構築することはありません。 より安価な外国での生産が考えられます。 ただし、ヨーロッパのメーカーはこの市場から追い出される可能性が高くなります。 理由:技術開発が長い間アジアで行われているため、将来的には最新のエンジンがアジアから来るでしょう。

    残念ながら、このメッセージは、したがって、大きな暗闇の真ん中にある小さなちらつきの光にすぎません。

コメントを残す

電子メールアドレスは公開されません。


*