アウディは2026年から内燃機関に別れを告げるでしょう-中国は2060年までそれに固執するでしょう

2020年上半期の世界の電気自動車の販売は次のとおりです(出典:Statista)。

「政治的圧力は単に大きくなりすぎた」と、ドイツの高級メーカーの元開発ディレクターは、内燃機関について語った。 現在アウディによって発表されているこの決定は、自動車市場を劇的に変えるでしょう。 「この決定は明らかに、グループ全体を電気に切り替えたいと考えているVWのボスであるヘルベルトディースからの圧力の下で行われた。」

彼らが今日もアウディ内燃エンジンを購入するならば、彼らが間違った馬を支持していることを現在のアウディ顧客に示唆しているので、決定はアウディに下がるでしょう。 アウディの顧客は、会社に見捨てられ、裏切られたとさえ感じるでしょう。

他のメーカーが現在追随して燃焼エンジンの停止を発表しているとしても、アウディの決定は致命的な結果をもたらします。 これは、以前に要求され、広められていた「テクノロジーへの開放性」が船外に投げ出されることを意味するからです。 「私たちの業界とその経営者が事前に緑のイデオロギーに服従し、ドイツを世界が真剣に受け止めない象徴性を備えた一種のモデル学生にしたいと思うのは悪いことです。」例:Grundig、Telefunken、Blaupunktなど)。

「それは今日のアウディの顧客の裏切りです」

元理事会は、「私たちの政治的リーダーシップと企業幹部がどれほど無知であるかを必死に思っている」のです。 アウディの決定に関しては、顧客の希望、したがって市場はもはや決定的ではないことが明らかになりましたが、それがまったく機能するかどうか誰も知らないグリーン禁止が課されています。 「あなたはこの決定であなたの忠実な顧客を尻に蹴ります! 自社製品を美術館に送る会社から車を購入する人は他に誰ですか?」さらに、「アウディが伝えたモデル計画は悲惨なほど間違っています」と匿名を希望する元取締役は言います。私の財政状況は保護される可能性があります」。

BMWは決定を顧客に任せたい

BMWのボスであるオリバー・ツィプセはまったく異なるように聞こえ、競合他社のアウディを次のように批判しています。 Zipseは「PassauerNeuePresse」とのインタビューで、「市場を迂回するグリーン計画経済」を批判した元取締役に同意しました。 Zipseは、BMWが2030年に純粋なバッテリー式電気自動車を搭載した車両の約50%を販売することを計画しています。 BMWが燃焼エンジンを提供しなくなった場合、BMWは販売量の140%を放棄する必要があります。 個々の都市や地域は電気自動車に変身しますが、BMWはXNUMXの世界市場で成功を維持したいと考えています。 バーナーでも。

中国は2年までCO2030排出量を増やすことが許可されています

中国が2060年まで内燃機関に固執したいという事実は、自動車のポールポジションの戦いがまだ終わっていないことを明らかにしていますが、再燃させる必要があります。 ヨーロッパで焼却炉が禁止されたとしても、中国人はそれを破り続けるでしょう。 COが存在するアジアとアフリカで燃焼市場が成長しているのがわかります2 問題ではありません。 中国人が同時にバッテリー駆動の車も使用しているという事実は、気候変動との戦いとは何の関係もありませんが、単に私たちが大都市で呼吸している空気によるものです。 中国政府は、主に特に汚染された都市でのスモッグをなくすために、e-モビリティを推進しています。 中国人が気候変動と戦いたいとよく耳にする説明は希望的観測です。

パリ協定によると、中国人は2030年までCOを使用することが許可されています2-何百もの石炭火力発電所を建設するだけでなく、広範囲に使用する方法を知っている排出量を自由に増やします。 「西側の政治家が中国人が主要な経済大国になりたいと不平を言うとき、それは純粋な偽善です。 風力発電と太陽光発電の産業を縮小し、同時に石炭火力と原子力発電を停止する一方で、中国は産業の発展を大幅に加速させています。 ドイツが工業国に陥ったとしたら、それは私たち自身のおかげだ」と前理事は述べた。

電子自動車のCO2節約の可能性の計算は明らかに間違っています

EU委員会のCOの計算が2-バッテリーカーの節約の可能性は間違っています、「e-agenda全体を実際に書き直さなければなりません」。 トピックはエキサイティングなままです。

 

 

 

 

 

 

Kommentar hinterlassen 「アウディは2026年から内燃機関に別れを告げるでしょう-中国は2060年までそれに固執するでしょう」

コメントを残す

電子メールアドレスは公開されません。


*