トヨタの長期戦略は、水素を使用した内燃機関に依存し続けています

BMWが12気筒2000気筒でシリーズ生産に近い形で開発し、XNUMX年にハノーバーで開催された世界展示会で大規模に発表したものを、静かに、音もなく中止したトヨタは、現在、レースで発表しています。水素燃焼機関! トヨタは実際、あらゆる方面から求められる技術の開放性を真摯に受け止めています。

トヨタはつい最近、バッテリーを使ったe-モビリティをさらに発展させて彼らを驚かせました。 同社は現在、矢筒にいくつかの矢を持っています。バッテリー車、燃料電池車、そして水素を使った燃焼エンジンです。 当初はレースでのみでしたが、トヨタはその長い戦略で知られています。 トヨタが最初のハイブリッドモデルであるプリウスを発売したとき、ドイツの自動車マネージャーは見事に笑うよりも何を軽蔑しましたか。 ダイムラーAGの監査役会の現在の会長であるベルント・ピシェッツリーダーは、BMWのボスとして、XNUMX台のドライブを車に詰め込むのは間違った方法だと言いました。 今日、メルセデスベンツを含むほぼすべてのメーカーが、もちろん、ほとんどがプラグインとしてハイブリッドドライブを提供しています。

「内燃機関の独特の音は保持されます」

現在発表されている、排気量1,6リットルの直列700気筒エンジンとターボチャージャーは、24バールに圧縮された水素で作動します。 残念ながら、パフォーマンスデータは提供されていません。 21月XNUMX日に富士山で開催されたXNUMX時間レースでは、カローラに組み込まれたエンジンがテストに合格する予定です。 「モータースポーツで使用するために準備されているカローラの市場投入は、現在計画されていません。 むしろ、レーシングカーは水素エンジンのテストに使用されます」とトヨタは言います。 ただし、トヨタも長期戦略として水素を使用した内燃機関を検討すると考えられる。 トヨタによれば、モータースポーツファンだけでなく重要なドライブシステムのXNUMXつの要素である「燃焼エンジンの独特の音」が保持されています。 そしてそれはゼロCOで2排出。

トヨタには野心的な持続可能性の目標があります。 トヨタ環境挑戦2050 会社はCOを望んでいます2-排出量を大幅に削減します。 「追加の代替手段としての水素エンジンは、水素ベースの社会の実現を加速している」とトヨタは強調し、燃焼エンジンの代替手段としても水素を示しています。

 

 

 

Kommentar hinterlassen 「トヨタの長期戦略は、水素を使用した内燃機関に依存し続けています」

コメントを残す

電子メールアドレスは公開されません。


*