VWのボスHerbertDiess:「燃焼機関は電気自動車に資金を提供しなければならない」

フォルクスワーゲンコーポレーショングループのロゴ

フォルクスワーゲンのボス、ヘルベルトディースは、グループの仮想貸借対照表記者会見で、XNUMX世代以内に業界が根本的に変化することを再び強調しました。最初は電子モビリティの方向に、次にソフトウェアに焦点を当てます。 しかし、それは資金を調達する必要があります。 「燃焼機関事業により、私たちは変化に資金を提供することができます」とディースは説明します。

昨年、グループは、コロナの最初の年には予想されていなかった8,5億ユーロの税引前営業利益で一歩前進しました。 2020年の危機における好業績は、VWにさらなる追い風を与えるとディースは述べた。

電気および完全にネットワーク化された時代において、個人のモビリティの主要プロバイダーへの変革を進展させるという目標は、依然として達成可能です。 この目的のために、グループはすべての車両クラスとブランドにわたってプラットフォーム戦略を開発し続けます。 このようにして、グループは複雑さを軽減し、規模の経済とブランド間の相乗効果を実現し、グループの変革を加速させたいと考えています。

バーナーの終了日はありません

ハードウェア、ソフトウェア、バッテリーと充電、モビリティサービスの2022つの柱は、グループをサポートすることです。 モジュラー電気駆動キット(MEB)により、フォルクスワーゲンはすでに高性能で純粋なバッテリー電気電気プラットフォームを備えています。 これはヨーロッパ、中国、アメリカで生産されています。 MEBに基づく27のモデルは、XNUMX年までにグループ全体で提供される予定です。 来年、グループはプレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)をベースにした最初のモデルも発表します。これにより、加速が向上し、航続距離が長くなり、充電時間が短縮されます。 このグループは、スケーラブルシステムプラットフォーム(SSP)を使用して、XNUMX年半ばまでに、すべてのブランドとセグメントのモデルを構築できる、純粋に電気で完全にデジタル化された高度にスケーラブルな次世代の車両プラットフォームを開発したいと考えています。

フォルクスワーゲンは、接続性とソフトウェアを使用して、今後数年間ですべてのブランドにわたる相乗効果を目指しています。 この基盤は、2020年に「VW.OS」オペレーティングシステムで設立された「Car.Software-Org」によって提供されます。 バージョン1.2はPPEで使用され、バージョン2.0はSSPでグループ全体で使用されます。 それまでに、車両に含まれる自社開発ソフトウェアの割合は、現在の60%から10.000%に増加するはずです。 約240人の従業員が計画されているCar.Software-Orgは、自動運転だけでなく、データベースのビジネスモデルや新しいモビリティサービスの技術的基盤も築く必要があります。 フォルクスワーゲンは、合計XNUMXギガワット時のユニットセルとバッテリー用のプラントを合計で建設すると発表しました。

ほとんどすべてのモデルにXNUMXつのバッテリーでコストを削減できます

2030年までに、標準セルは、グループ内のすべての電子車両の約80%で、すべてのブランドにインストールされる予定です。 フォルクスワーゲンは、バッテリーセルのコストをエントリーレベルのセグメントで最大50%、ボリュームセグメントで最大30%削減する予定です。 新しいプラットフォームロードマップのXNUMX番目の要素は、モビリティとその他のサービスで構成されています。 これらには、MOIAライドプーリングサービス、WeShareカーシェアリングサービス、フォルクスワーゲン銀行からの柔軟なサブスクリプションオファーが含まれます。

退任するCFOのフランクウィッターは、過去の会計年度の詳細な数値と2021年の見通しを発表しました。「10億ユーロを超える特別項目の前の営業成績により、2020年春のパンデミックの最初のピークからの予想を大幅に上回りました。 パンデミックにもかかわらず、フォルクスワーゲングループは10年に2020億ユーロ以上のクリーンキャッシュフローという戦略目標を達成したことに非常に満足しています。」

最大の単一市場である中国は急速に回復し、危機の間の安定のアンカーであることが証明されました。 代表されるグループのすべてのブランドは、そこでポジティブな結果を達成しました。 南米では、同社は市場シェアを14%以上の新記録にまで拡大することができました。 ここで、グループは今会計年度に黒字に戻ると予想しています。 北米では、ディーゼル危機から3年後、フォルクスワーゲンは米国市場に合わせた多数の新しいモデルで復活を遂げています。 特に欧州では、ID.10,5の発売に伴い、e-carの販売が急増しました。 西ヨーロッパでの配送における電動車両のシェアは2019%に増加しました(1,9年:XNUMX%)。

CO2-ヨーロッパでの目標を達成する必要があります

今年、グループはCOを期待しています2-電動車両のシェアが大幅に増加しているため、ヨーロッパで達成される目標。 2020年には、グループは全バッテリー式電気自動車の売上高を2025倍以上に増やしました。 このグループは遅くとも2030年までにe-モビリティの世界市場のリーダーになることを目指しています。 60年までに、ヨーロッパの全電気自動車の割合は最大XNUMXパーセントまで増加するはずです。 このグループは、地域や規制の枠組みに応じて異なる一次エネルギーの使用を参照して、燃焼技術の終了に一定の時点を設定することを拒否しました。 (ampnet / Sm)

 

 

Kommentar hinterlassen 「VWのボス、ヘルベルト・ディースへ:「燃焼機関は電気自動車に資金を提供しなければならない」

コメントを残す

電子メールアドレスは公開されません。


*