車の運転の将来をめぐる論争:希望に満ちた思考、物理学、会社の利益と顧客の希望の間

テクノロジーの開放性は自動車の未来の一部です

アウディのボスであるMarkusDuesmannが自動車の水素燃料電池に質問するとき、この声明は、水素燃料電池の元BMW開発責任者およびリンデ監督委員会委員長のWolfgangReitzlesの嘆願と同じように企業の利益によって推進されます。 技術的な開放性が唯一の正しい方法です。なぜなら、それは政治的イデオロギーの競争ではなく、物理的な現実と市場に決定を委ねるからです。

新しいアウディのボスであるMarkusDuesmannは、バッテリーを使用した電気モビリティの一貫したVWグループ戦略を担当しています。もう一方は、元リンデのボスとして、水素が未来の燃料であるという信念を表しています。 しかし、ReitzleはそれをBMWの開発責任者と見なしていました。 そして最終的には、長期的な解決策(ここでは約50年)がエレクトロモビリティと呼ばれることに誰もが同意します。 結局のところ、水素を含む燃料セルは、車両が電気モーターによって駆動されていることも意味します。 ただし、BMWはすでにシリーズ生産用の12気筒7シリーズの開発に成功しているため、内燃焼エンジンで水素を使用する開発もあります。 さらに、ドライブテクノロジーロードマップの左右には、ガスや合成燃料などの他のオプションがあります。

WolfgangReitzleが巧妙なスピーチをします

どちらの主人公も自信を持って有罪判決の加害者と呼ぶことができます。 Reitzleは、前世紀の2020年代に乗用車の燃焼エンジンの水素技術を推進し、その後、リンデのマネージャーとして、水素生産に向けたガスの世界市場リーダーを目指しました。 Wolfgang Reitzleが現在これらのトピックについてどのように考えているか、彼はReitzleへのNicolaus-August-Otto Awards0のプレゼンテーションに関する非常に興味深いスピーチで説明しました。 Car-Guy Reitzleは、バッテリーカーへの急いでの道は間違っていると考えています。 https://www.youtube.com/watch?v=Qa38dIXNUMXd-QM

多くのメディアは、バッテリーの可動性を無批判に称賛しています

いかに物議をかもしているが、それでも非常に微妙であるが、車の運転の将来についての議論はメディアの報道でも明らかであり、バッテリーカーがブレークスルーを達成するのを迅速かつ排他的に支援するという政府の意図を主に称賛している。 見出しで、FAZは「ドイツのe-car目標が半分達成された」ことを喜んでいます。 現在520.000万台の車両が登録されているという文で、FAZは、e-carの目標の半分が実際に達成されたことを示唆するという点で意図的に不完全です。 しかし、それは真実ではありません! この図の約半分には、燃焼エンジンを搭載したプラグインハイブリッドも含まれているためです。 これは記事に記載されていますが、ドイツのe-car目標(1年に2020万台のバッテリーカー)が半分達成されたというのは事実ではありません。

エネルギーの専門家は、疑惑のバッテリーカーの陶酔感がすぐに治まると予想しています。 充電ステーションのインフラストラクチャには、多くの要望が残されているだけではありません。 これは間もなく変更される可能性があります。 しかし、主な理由は、距離を恐れることで、車の購入者がバッテリー駆動の車両を購入できないためです。 バッテリーカーの購入者は依然として少数派です。 そして、深く思慮深い自動車購入者にとって、冷静な分析は、バッテリードライブが効率的な燃焼エンジンよりもさらに環境的に重要であることを明らかにしています。 特に、充電電力の一部は石炭火力発電から供給されているためです。

首相は彼女の信念を180度変えました

そして、連邦ネットワーク庁と連邦統計局は疑わしいことを報告しました。ドイツでは石炭と原子力発電による電力生産が減少しているため、石炭と原子力発電からの電力を海外から輸入する必要があります。 風や暗闇がない場合、特に輸入電力が必要になります。 2020年には、輸入電力は2019年と比較して35%増加して33.000ギガワット時間になりました。 何百万台ものバッテリーカーが道路上にある場合、これらの数値はどのようになりますか?

これに関連して、有名な政治家が2008年のKatholikentagで次のように述べたことは興味深いことです。「最も安全な原子力発電所のある国が、核エネルギーの平和的利用をやめるべきだとは思わない。 ドイツは、原子力発電所と石炭火力発電所が閉鎖され、同時に同じエネルギー源から生成された電力が近隣諸国から輸入されていることを明確に認識したいのであれば、馬鹿になります。」この前向きな政治家は、他ならぬアンジェラ首相でした。最後からすべてを考えることで知られるメルケル。 彼女がそれを最後まで考え抜くかどうかは疑わしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Kommentar hinterlassen 「車の運転の将来についての論争:希望に満ちた思考、物理学、会社の利益と顧客の希望の間」

コメントを残す

電子メールアドレスは公開されません。


*