Hans-Robert Richarzによるゲストコメント:燃焼機関への新しい希望

BMW XNUMX気筒水素エンジン

数週間前までは、政治、自動車産業、団体の筋金入りの電気部分は、「電気ドライブ以外に他のどんな神もいるべきではない」というモットーを踏襲していました。 彼らは、内燃機関-タンクから燃料がどれだけ吸われるかに関係なく-地獄に願っています。彼らの願いによると、救済策として望まれるのは、バッテリー駆動とソケットからの電気を備えた電気駆動装置にのみ見られることです。 このようにして初めて、環境に配慮したグリーンなモビリティが可能になります。 VWの責任者であるハーバート・ダイス氏は、政治家は代替案についてさえ考えるべきではないことを公に主張しさえしました。

しかし、たとえばBündnis90 / DieGrünenやドイツ環境援助協会などの昨日は、依然として彼らの教義に固執しています。 ペンテコステの3,9日前に、協会は「燃焼エンジンまたはプラグインハイブリッドを搭載した車を購入する生産性の低いインセンティブ」について警告しました。 グリーン党のリーダーであるアントンホフライターは、XNUMX日後に同じホーンを吹き飛ばし、ディーゼルおよびガソリンエンジン搭載車の購入プレミアムも拒否しました。 しかし、彼はすぐにバーデンヴュルテンベルク州首相である党の友人ウィンフリートクレッチマンから厳しい抗議を受けました。 「製品のごく一部を宣伝するだけでは、業界を育てることはできません。 第XNUMX四半期の電気自動車はXNUMX%に過ぎませんでした」と彼はFunkeメディアグループの新聞で述べました。

それにもかかわらず、SPDのXNUMX人のリーダーのXNUMX人であるNorbert Walter-Borjansは、ホフライターのスローガンを急いでオウムしました。 明らかに、バッテリーの生産が環境に過度に害を及ぼすことは問題ではなく、気候変動のせいでもあります。 しかし、密かに静かにそして静かに、燃焼エンジンのルネッサンスが最近始まりました-最上部から推進されました。 ドイツ自動車産業協会(VDA)の声明では、次のように読むことができます。「VDAでは、利用可能なすべてのテクノロジーを使用した場合、長期的には民間輸送のみを脱炭素化できるという合意が多数あります。車両の電化。 中長期の燃料電池技術、特に大型トラックの分野; 内燃機関のさらなる最適化と、合成燃料や水素などの再生可能燃料の使用。」

このための最も最近の推進力は、CDUのペンテコステ連邦教育大臣Anja Karliczekでした。 コロナ危機の前に、彼女はビジネス新聞「Handelsblatt」とのインタビューで言った:「それは国の水素戦略に関して、私達は環境に優しく、地球規模でそして大きいと考えるべきです。」 現在、クレッチマンのように、彼女はフンケメディアグループの新聞で彼女の要求を繰り返し、そこで何十億もの価値のある革新キャンペーンでドイツで「水素のケープカナベラルを構築したい」と発表しました。 この目的のために、代替燃料の研究、開発、生産において基準を設定する必要があります。 文字通り、2025年までに数十億ドルのイノベーション攻勢の「水素共和国ドイツ」が国家によって実施されるべきであると言われています。 「私たちはグリーン水素の分野で世界チャンピオンになりたいです。 我々は、世界的に基準を設定し、新たな輸出ヒットの可能性を秘めたドイツで技術を研究、開発、製造したいと考えています。 彼女は連邦政府がまもなく国家水素戦略を採用すると発表した。 連邦財務大臣のオラフ・ショルツは、コロナ危機で可能な対策の一つとして、水素インフラの確立を数えました。 その間、次の閣僚会議の議題項目としての「水素」の話題は消えたが、機械と植物製造業者協会(VDMA)、ドイツの水素と燃料電池協会(DWV)とドイツのガス協会の責任者ワッサーファッハ(DVGW)は、ピーターアルトマイヤー経済大臣(CDU)と環境大臣スベンジャシュルツェ(SPD)への書簡で抗議しました。 つまり、何かが起こっており、幸運にも延期されてもキャンセルされるわけではありません。 (アンプネット/ HRR)

Kommentar hinterlassen 「Hans-Robert Richarzによるゲストコメント:燃焼機関への新たな希望」

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。


*

*