死者を守れ! ARD Press Clubが風刺放送に

有名な日曜日の記者クラブでどれほど敵対的なイデオロギーと無知が可能であるかは、実に信じられないほどです。 すべての風刺放送に値する文章がありました。

たとえば、これはTaz.deジャーナリストのUlrike Herrmannによる青いバッジの嘆願です。「それは実際に死ぬ人々を守るのに最適です!」しかし、発売された唯一のナンセンスではありませんでした。雄弁なプレゼンターのヨルグ・シェーネンボルンでさえ抵抗できなかった。 実際、このリンクはメディアライブラリにあります。http://www.ardmediathek.de/tv/Presseclub/Dicke-Luft-und-Fahrverbote-Hat-die-Pol/Das-最初/ビデオ?BcastId = 311790&documentId = 50342978

FAZのHolger Appelと主張する事実上冷静でさえ、報告することはあまりありませんでした。 ディーゼルスキャンダルで政治が失敗したかどうかは、討論者たちにとっての修辞的な問題でした。 一般的に、tazジャーナリストはラウンドで投げかけました:「ドイツの自動車産業はその顧客をだましており、少なくとも6.000人が毎年亡くなっていることは許容されます。」モデレーターが人々が亡くなっている原因を知りたいと思ったとき、女性は答えました...心と循環を通して」。

しかし、これらの疾患を喫煙、肥満、座りがちな生活様式に起因するとする有名な医師がいます。 ディーゼルはすべてのせいなので、ジャーナリストはこれに異議を唱えません。 結局のところ、おそらくドイツでは毎年850.000万人が亡くなっています。

そしてさらに良くなりました:ドイツでは、毎年433人だけが暴力で亡くなっています。 その後、行為を明確にするためにかなりの努力がなされます。 テレビでは犯罪による死者が出ており、流血による死者は公然とスキャンダルされている。 「しかし、実際の殺害対象は銃ではなくディーゼル運転手です...」女性は私たちに何を伝えたいですか? ディーゼルドライバーはキラーですか? 正しいことすべて。 結局、それが風刺ショーではなかったとしたら、どういうわけかそれは行き過ぎです。

連邦環境庁の調査で主張された6.000人の死亡は、「脳卒中を含めると、おそらく10.000人いる」という下限にすぎません。また、大気汚染は、特に負担の多いこれらの道路に住む「貧しい人々」に影響を与えます。 「メルセデスを車で街に送り込み、そこの空気を汚染する別荘の所有者ではありません。」これは純粋な自動車階級闘争です。

警告から環境援助が大いに値するというモデレーターの助言は、まっすぐな嘘でハーマンにかなり大胆に対抗しました:「環境援助は幅広い寄付ベースによってサポートされています。」これは20%だけだったというモデレーターの異議はハーマンによって確認されなければなりません「環境援助はロビー組織ではなく、このスキャンダルを明らかにした唯一の環境組織ではありません。」言うまでもなく、それは道徳的に尊敬されています。

タイムジャーナリストのペトラピンツラー氏は、空気の問題を解決する方法も知っています。 すべてが非常に簡単です。

Kommentar hinterlassen 「死者を守れ!ARD記者クラブは風刺放送になる」

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。


*

*