環境援助は「実際の」消費をEUの制限値の基礎にしたい

出典:Autobild、M​​arkt、Mittelstand

今日のCO2フリートの平均(出典:Autobild、M​​arkt、Mittelstand)

法的規制が現在環境支援で議論されているものになり、間もなく正式に要求するようになったとしても、EUが2025年以降に検討した100 kmあたり25リットル未満の平均フリート消費に関する燃料消費規制は無害です。 フリートの平均としてのこの値(平均!!!)はすでに妥当な実現可能性を超えていますが、さらにXNUMX%引き締めは、工場の情報を超えるヨーロッパの自動車クラブ(ACE)による実際の消費量です-実質的に自動車の移動性の終わり、今日知っているように。 ドイツのプレミアムメーカーと連邦政府の要請により導入された、より重い車の割引はこれを変更しません。

一方、環境保護は、CO2制限値を意図したとおりに残したいが、「消費データを現実に合わせる」ことを望んでいます。 その後、メーカーの計画はすべて突然廃止されます。 「世界最高の意志で」とプレミアムメーカーの開発責任者は言い、それゆえ環境労働者を「気候保護を十分に真剣に受け止めていない」と非難しています。

メディア/パブリックディスカッションで常に無視または無視されるもの:2,8 kmあたり100リットルの平均フリート消費には、ゼロリットルで数十万台の車両が必要であり、メーカーが車両も持っている場合、100 kmあたり最大1リットルの消費が必要です。大量に販売され、消費量が大幅に増加します。 最近のように、非常によく準備された車両と内燃機関でXNUMXリットル未満の消費を達成したと自負しているメーカーがXNUMXリットルの消費で輝いている場合、これは数学の法則に反します。消費量が大幅に多いスケール静止車が販売されています。

フリートの消費量を決定する際の電気自動車の数も、EUでは1,3倍と非常に少ないと言われています。一方、中国では、排出量のない電気自動車は、フリート全体で5倍、米国では20.000倍と数えられています。 後者はヨーロッパでも適用されるべきであり、VDAのMatthias Wissmann社長は最近要求しています。 また、最大XNUMX万台の電気自動車をカウントする必要があるという上限は逆効果であり、電気自動車市場の上昇を加速するのではなく、減速させるでしょう。

連邦自動車運輸局によると、2008年、平均のBMWは160 gのCOを排出しました2/ km。これは、6,8リットルのガソリンまたは6リットルのディーゼルの消費に相当します。 同等の製品ポートフォリオで、アウディのフリート消費量は176 g CO2/ kmでほぼ188,7、メルセデスのXNUMX g CO2/ kmでも約18%上です。 そのフォルクスワーゲンは166 g COの小型車モデルのポロとフォックスにもかかわらず2/ km着陸しました。驚いたかもしれませんが、2008年には現実になりました。

2012年の値を使用すると、莫大な量が達成されましたが、同時に、消費のさらなる削減を技術的に表すことがいかに難しいかがわかります。 EUの新車の平均では、136キロあたり約5,8グラムの二酸化炭素が排出されます。これは、20リットルのガソリンの消費に相当します。これは、10年前よりも約2012%少ない量です。 BMWは143,4年に艦隊平均XNUMX g COを達成しました2/ km、メルセデス・ベンツから153,9 g CO2/ km、VWから139,2 g CO2/ kmとアウディは143,8 g COでした2/ km。

2015年に処方された130 gのCOからまだ遠いものすべて2/ km。 2020年の目標は言うまでもありません。 ヨーロッパは世界を見せたいと思っています。 また、ドイツだけでなく、繁栄の大部分に貢献する産業をいかにひざまずかせるか。

そして、いわゆる環境保護論者がイデオロギー的な妄想の中で米国に言及したい場合、おそらくより厳しい要件が計画されていますが、これは完全に間違っています。 2015年の平均消費量は、ヨーロッパよりも100年の方がはるかに多い可能性があります。166kmあたり2リットルのガソリンを使用し、平均でXNUMX g COXNUMX / kmを排出する可能性があります。 これらは、すべてのドイツのメーカーによって長い間緩やかに下支えされてきた価値です。

ヨーロッパは再び世界を救い始めました。 とんでもない。 エネルギーコミッショナーのオエッティンガー氏は最近、次のように述べています。経済と債務危機と戦う代わりに、ヨーロッパは善意を称え、世界の他の地域の教育機関として機能します。

 

 

 

 

 

 

 

Kommentar hinterlassen 「環境保護は真の「消費をEUの制限値の基礎にしたい」」

コメントを残す

電子メールアドレスは公開されません。


*